エアコンってどうしてカビだらけになるの!?

公開日:2021年03月08日


エアコンの臭いの原因は黒カビです!

だんだん暖かくなってきましてね。

早いと4月ごろにはエアコンをつけたくなりますよね。

しかし、久しぶりにエアコンをつけたら「嫌な臭いが…」という体験をした方も多いのではないでしょうか!

実は、このエアコンの嫌な臭いの原因は「黒カビ」なんです。

この「黒カビ」はいったいどうして増えていってしまうのでしょうか?

エアコン内部で黒カビできるメカニズムをご紹介させていただきます。

エアコンクリーニング施工写真

エアコンの「黒カビ」はどうして増えてしまうのか!!

エアコンにカビが生える原因
カビは、気温20~30℃、湿度70~80%、ホコリ・汚れの条件が揃うと
繁殖しやすくなります。

実はエアコンは、この3つの条件が整いやすい環境にあるのです。

エアコン周辺の気温
梅雨から夏にかけては、自然にエアコン周辺の気温が20~30℃の範囲となり、黒カビが好む気温になってしまいます。
また、冬場でも暖房運転によってエアコンの周辺が20℃以上になることもあります。

エアコン内の湿度
冷房運転を行うとエアコン内部のフィンによって取り込んだ空気が冷やされ、エアコンから冷気が排出される際、結露が発生しやすい状態になり、エアコン内の湿度が上昇します。

エアコン内のホコリ・汚れ
エアコンは室内の空気を吸い込み、温度調整した空気を吐き出す仕組みになっているため、使用する度に空気中のホコリやチリがエアコン内に吸い込まれ、フィルターだけでなく、ファンやフィンにも汚れが付着していきます。

ホコリや汚れはカビ菌の栄養源となるため、気温や湿気と合わさると黒カビが繁殖しやすい環境になってしまうのです。

カビは健康被害を及ぼすことも
エアコン内部のカビは、風に乗って空気中に飛散します。
空気中に飛散したカビを知らぬ間に吸い込んでしまうことがあり、「カビ肺炎」や喘息など、体に深刻な健康被害を及ぼす可能性もあります。

エアコンの黒カビを防ぐには?
エアコンのカビの発生を防ぐには、冷房や除湿を使用したあと、送風運転でエアコン内部を乾燥させます。送風運転がないエアコンでも、内部乾燥や内部クリーンなどの機能を使えば、内部を乾燥させることができます。

それでも臭いが気になる場合は、吹き出し口の奥にあるファン(円筒形のカゴを横にしたようなもの)にカビが発生してしまっているかもしれません。
エアコンクリーニング業者ならエアコンの隅々までカビの発生を確認し、キレイに掃除をすることができます。
家族の健康も脅かすカビ菌。
エアコンクリーニングはもちろんですが、ハウスクリーニングで家ごとカビの除去をすると安心かもしれませんね。

記事:エアコンクリーニング協会

作業のスケジュール確認・ご予約はこちら