羽鳥慎一モーニングショーでエアコン特集されてました

公開日:2022年06月07日


2022年6月2日(木)の羽鳥慎一モーニングショーでエアコンの特集が組まれていました。
少し内容を紹介させていただきます。

今年のエアコン需要は例年より早いとの事で、動作点検を早めに行った方が良いとの事ですが
今年すでにエアコンを使用した方は調査の結果6割の人はすでに使用したと回答があったようです。

その中でも使い始めの悩みはニオイと答えた人が多かったようです。
ニオイに関して弊社でも紹介してきていますが、ほぼカビが原因によるものです。

さて、カビがどのように発生するのか?
簡単に説明すると2個の要素が重なる事で発生します、その要素が・・・
1、水
これは、冷房使用時のエアコン内部にある熱交換機(銀色のアルミ部)の冷却時に出る結露水が要因!
2、ホコリ
エアコン使用時は上部より空気を取り込みます。
強風使用の時にはキッチン換気扇なみに吸い込みが強い為フィルターがあっても細かいホコリが通り付着します。
ホコリと水が結合することでカビは発生してしまいます。
さらにそれを放置してしまうと、風向きを変えるルーバーや送風ファンや結露水を受けるドレンパンなどにカビが広がっていきます。

ニオイと答えた人はエアコン内部がカビだらけかしれませんよ。
しばらく使用していないと故障なども考えられます、早めに点検しておいてください。

さて、7月の電気代値上げなどもあり、省エネにも注目が上がってきているようです。
省エネモデルに買い替えや故障などが原因で買い替えなど、新たに購入される方が多いかと思います。
10年前に比べて今は省エネ+αな機能が人気を集めているようです。

一人暮らしの人は除菌・加湿機能付などが人気を集めてるようです。
家族暮らしの人は除菌機能・換気機能付など空気清浄器を別で置かなくても良い物が人気なようです。
全体的に人気なのが換気機能付の物で、リモートワークが増えて家の中にいる時間が増えたため、換気機能付が売れているようです。

またそれと別でエアコンの代わりにスポットクーラーがエアコンより安く、電気代もかからないと注目されていると紹介されていました。
そこで省エネ術が紹介されてましたので参考にしてみてください。

エアコン省エネ術(エアコン本体の年式によって異なります)
その1、月に1回~2回のフィルター清掃をすることで年間で約860円節約できる。

その2、使用時間を1時間短縮で年間で約510円節約できる。

その3、設定温度が1℃違うと電気代が10%変わる、28℃設定がおすすめ
設定温度を28℃で設定しサーキュレーターなどで空気を巡回させる事で体感温度は25℃くらいに感じれるので
25℃設定より28℃設定だと月に約2700円節約できる。

その4、35分までの外出なら消さずにつけっぱなしで45.7円節約できる。
こまめにオンオフするよりコンビニなどの短時間は付けたままがお得。

その1にあります月1回~2回のフィルター清掃は熱交換器にホコリが付くと熱伝導が悪くなり
余計に回ろうとして電気代がかかってしまうのでこまめな清掃はおすすめです。
また、エアコン上部にエアコン用のフィルターなどを貼りつけても効果は出ます。
但し、こまめに交換する事がとても大切な事で、放置してしまうと良くありません。

エアコンが汚れているなと感じたらあなたならどうしますか?

1、自分で掃除する
確かにフィルターなど掃除できるところは出来ますが、カビなどがひどい場合は表面上のみならず
内部の洗浄が必要になってきますので、改善されない場合は一度業者依頼をご検討ください。

2、業者に依頼する
自分で出来ない方は依頼してしまうのが一番簡単だと思います。
綺麗な空気で快適に省エネな夏を過ごしたい方はご検討下さい。

 

作業のスケジュール確認・ご予約はこちら