市販されている風呂釜洗浄剤の効果は?

公開日:2022年08月24日


最近浴室クリーニングのご依頼を多く頂いてます。
それに関連して市販されている風呂釜洗浄剤を試してみようかと思います。
実際使用した感想なども含めて書いていこうと思います。

今回こちらの商品を購入してみました。
※防カビ材はまた別で投稿しようかと思います。
2社の商品を購入してみましたが、液剤タイプと粉末タイプになっていますが、今回は液剤タイプを使用してみます。

一つ穴と二つ穴両用となっていますので特に気にしないで大丈夫ですが、それぞれ専用で別れている商品もございますので、購入の際は確認して購入してください。


因みに一つ穴はこんな感じのタイプの浴槽でございます。

給排水口の上5㎝のところまで水を溜めて使用するので水を溜めていきます。

液剤を投入して追い炊きを3分間して液剤を巡回させます。
  
空の容器はそのまま浮かべて洗浄中の目印に使えるみたいです。
ここから10分間漬け置きしておきます、汚れの度合いによっては30分位置いてくださいと記載してました。
特にこの段階では汚れが出てきた感じはなさそうです。
弊社の風呂釜洗浄PROだとこの段階でも汚れが確認できるのですが、元々汚れが少なかったのでしょうか。
(下記写真参照)
追い焚き配管クリーニング

10分間経ちましたので排水をして再度水を溜めて濯ぎ洗いをします。
再度追い炊きをして3分間回します。

写真には写っていませんが、多少汚れが浮いていました。
一応効果はあったようです。
後は排水して浴槽を流して完了です。

使用してみた結果と感想
液剤タイプでしたので液剤がまんべんなく溶けて使いやすいかと思います。
汚れの落ち具合に関しては、元々汚れが少なかった事もありあまり参考にならず。
ただし、ぬめりは解消された感じでした。
1個300円位で2カ月に1回の定期的に行う商品ですので綺麗を維持するために使用すると良いかと思います。

本格的に濃い汚れは1度業者に依頼して洗浄をおすすめいたします。
次回は粉末タイプを投稿しようかと思います。

作業のスケジュール確認・ご予約はこちら